隆徳館中学・隆徳館高校|福岡県福岡市の高等学校・中学校・中高一貫校

  • 092-414-6500
  • 092-414-7300

メニュー

新着情報

税の作文表彰

2017年11月22日

今年も隆徳館は税の作文コンテストに参加しました。例年、様々な作品が生まれるこのコンテストをとても楽しみにしています。今年度は、2名の生徒さんが優秀賞を受賞しました。ここにその作品を掲載いたしますので、皆さん読んでみてください。

 

6年 一木 理菜 「心の支えになる税」

 「川崎病」。私は、生後五ヶ月でこの病気にかかりました。原因不明のこの病気は、心臓の冠動脈に瘤をつくり、将来心臓に障害が残るリスクの高い恐ろしい病気だそうです。この病気のことを詳しく聞いたのは、十五歳の春でした。フィギュアスケート選手になるために大分から博多の高校を受験し、その合格通知が届いた次の日、最後の定期検診に、大分県立病院へ向う車の中でした。川崎病で入院していたのは、私が生後五ヶ月の赤ちゃんの頃で、八ヶ月間の入院生活を送ったそうです。退院してからも二週間、一ヶ月、三ヶ月、六ヶ月と検診があり、小学校に上がってからは年一回になっていました。私は、小・中学校とも皆勤賞でした。自分が赤ちゃんの頃、そんな病気をしたなんて思いも寄らなかったのです。ただ年一度、家から少し遠い大きな病院へ行くのを不思議に思っていました。その日に聞いた話の中で、川崎病と診断された直後の私の心臓には、四つの動脈瘤ができていたそうです。その治療に使われたのが、ガンマーグログリンというお薬でした。当時とても高価で、副作用にアナフィラキシーショックを起こすこともあると、担当の先生に聞いた母は、このまま重度の心臓障害をかかえ運動制限のある生活をおくるのか、この薬を使って心臓の瘤を小さくするか迷ったそうです。結果その薬を内、副作用もなく八ヶ月後、私の心臓の瘤は小さくなっていました。

 八ヶ月間の入院、高い治療費、仕事を辞め二十四時間付き添ってくれた母に、私は急に心配になり「お金は大丈夫だったの。」と尋ねると、母は当時の先生や看護師さんに聞いた話をしてくれました。それは、就学前までの子供の医療費、入院費の助成があり、また川崎病は、小児難病指定されていて、もし重度の心臓障害が残った場合、気にからの助成を受けることができる、という内容でした。母はその話を聞いて、肩の荷が半分おりたのを小さな私の未来に希望を持つことができたと言っていました。そしてその助成金には、皆が納めている税金が使われていることも話してくれました。税金が私の命を救い母の心の支えになったのだと思いました。私に税に感謝する気持ちが生まれました。その後、国の助成について色々調べてみると、現在医療費の助成も、就学前から中学校を卒業する年齢まで引き上げられ、より多くの人々の心の支えになっていることが分かりました。皆が、納めた税金が、人の命を助け心の支えになっていたのです。

  現在の私は、博多で寮生活を送りながら大好きなフィギュアスケートの練習を思いっきりすることができる日常を送っています。当たり前だと思っていた日常に感謝し、当たり前ではなかったかもしれない日常を忘れないでいようと思っています。そして、私の命を救い母の心の支えになってくれた税金を、私も大人になったらきちんと納めたいと思います。今度は、私が誰かの心を支えるためにー。

 

5年 上田 うらら 「被災地となって」

 私の住んでいる朝倉市は、7月5日の九州北部豪雨で被災地となってしまいました。奇跡的に、私の自宅は無事でしたが朝、外を見た時の衝撃は今でも忘れられません。見慣れた風景は、見たことのない風景に変わっていました。

 時々、他の県で災害がおきてしまいテレビの中の風景を見て大変だなとは思っていましたが、どことなく他人事でやはり自分の身になるとただただ愕然とさせられました。そんな中、誰が呼んだのか沢山の重機や、ダンプカー、建築関係の方、警察官、九電の方、沢山の職種の方がすぐに来て色々と復旧作業に動かれてありました。皆さんがこの様に動いて下さるのも税金のおかげなんだと初めて税金を近くに感じた気がします。

 そして、崩れて通れなかった道、沢山のがれき、どこから来たのか道をふさいでいた流木、ドロドロの泥など皆さんのおかげできれいにして頂きました。改めて、税金の大切さを感じ、感謝しました。

 でも、まだまだ手付かずな所が沢山あるのです。全部が終わるまでにはもっと、もっと時間と費用がかかるのです。税金が使われるのは、道路や川の整備だけではありません。災害で亡くなられた方や、家や生活していくための物を無くされた方のためにも使われているという事を知りました。とても大切なことだと思います。

 決して、災害だけが税金の使い方ではありませんが、私にとっては初めて税金に感謝する事ができ、勉強にもなりました。

 そんな中先日、ニュースでこの九州北部豪雨では過去最高額の税金が使われるとの報道を目にしました。私も、数年後には仕事につき、税金を納める事ができるようになることでしょう。

 その為にも、しっかり自分の夢を実現し、きちんと税金を納める事ができる大人になります。微力でしょうが、一人でも多くの方に安心して笑顔で生活できるような国になるといいなと感じています。

 是非、社会の為になりたいと、恩返しがしたいと強く思いました。

一覧に戻る